動画コンぺに関するサイト – Hiroshi Kano

動画コンぺに関するサイト

  • まず、Googleアカウントを作成してください。Googleアカウントの作成方法はこちら
  • YouTubeへの動画アップロードはYouTube Studioから行います。その方法はこちら
  • アップロードした動画にはURLが付与されますので、それをi-compe@cc.kyoto-su.ac.jpに送ってください。
  • 動画を撮影するなら、スマホかデジタルカメラを使います。YouTubeにアップロードできる動画ファイルのフォーマットにはMP4、AVI、MOV、WMVなどいくつかありますが、MP4で保存するのが良いでしょう。スマホから、直接、YouTubeにアップロードすることもできますが、今回は、一旦、MacBookに転送し、適当な編集を加えてからアップロードすることをお薦めします。iPhoneからMacへの動画ファイル転送はAirDropを使うと簡単です。Androidでも似たようなことができると思います。写真や動画を保存するクラウド(icloud、google drive、dropbox、google フォトなどがあります)を利用しても良いです。
  • MacBookでアプリを動作させた時の画面を動画として記録するには、QuickTime Playerを起動して「ファイルプルダウンメニューから新規画面収録」起動するか、「Shift」+「⌘」+「5」の同時押しで、スクリーンショットのツールバーが表示されます。ツールの中から適当なボタンをクリックして収録します。具体的な手順はこちら
  • 動画編集ソフトを使って、動画を切り貼りしたり、楽曲や効果音を入れたり、テロップを入れたりします。動画編集ソフトの代表はAdobe Premier Proだですが、これは有償です。MacBookに最初からインストールされているiMovieは初心者用の使いやすい動画編集ソフトです。DaVince Resolveの無償版は、無料で使えるものの中で評判が高いようです。これらの情報はWebにたくさんありますので、自分で勉強してください。
  • もっと複雑な動画を作りたいのであれば、PowerPointでプレゼン資料を作り、そのプレゼンテーションを動画ファイルとして保存することができます。その方法はこちらです。私がオンライン授業のビデオ教材を作る時には、この方法を使っています。プレゼンの中に動画を貼り付けることも簡単です。